これからの地域音楽文化の創造と発展のために




お知らせ

「ひびけアコーディオンサポーターズクラブ」会員募集中!

楽器再活用事業「ひびけアコーディオン」のサポーターズクラブ会員を募集しております(年会費5,000円)。事業の趣旨にご賛同いただける、たくさんの皆様のご入会をお待ちしております。ご希望の方は会員限定のアコーディオン演奏初心者のためのアドバイスと交流の会「ひびけビギナーズサロン」にご参加いただけます。



NEWS

7/18(木)住民参加型の「音楽サロン」が始まります

先だってお知らせしたノルドミューズの新拠点「サッポロあこるーむ」にて、今月から新事業がスタートします。一般の方を対象に、演奏・歌などを披露する音楽交流の場として「音楽サロン」を開催します。あこるーむの楽器の使用、またはご自分のアコースティック楽器の持ち込みも可能です。会の最後には、その月のうたを参加者全員で演奏、合唱します。ぜひお気軽にご参加ください。1回目は以下のとおりに開催いたします。

◆日時 : 7月18日(木)15:30〜16:30

◆会場 : 札幌小学校(札幌市東区伏古1条2丁目)3階 ピノキオの部屋(あこるーむと同フロアの別室です)

◆7月のうた :「うみ」

◆持ちもの : うわぐつ(スリッパ)

※校舎に入る際のご注意

出入り口となるのは、職員玄関(校舎北側)です。15:15~スタッフがお待ちして開錠いたします。玄関にスタッフがいない場合は、お手数ですがノルドミューズ専用携帯電話 090-6017-4425 までご連絡をお願いいたします。



7/4(木)サッポロあこるーむ活動がスタートしました

ノルドミューズの新拠点「サッポロあこるーむ」を月2~3日、中休みと昼休みの時間に児童に開放し、アコーディオンに触れて親しんでもらうための活動として、初回を7/4に行いました。ここでは演奏を楽しむことはもとより、修理不能のアコーディオンを分解してその仕組みを知るなど、素材として活用した取り組みも行います。当日は、延べ62人の児童があこるーむを訪れ、アコーディオンの演奏や分解を時間いっぱいまで楽しみました。



7/2(火)第5回 京.lab ラオスにアコーディオン!?

地域で活躍する「一般の方たち」にスポットを当て、人となりに触れたインタビューを毎日動画で配信する「札幌人図鑑」という番組があります。こちらを主宰する福津京子さんが令和元年に新しくオープンしたスタジオ「pop-up snack 都通りスタジオ」から配信する番組「京.lab」の第5回目に、長嶺代表理事及び小林副代表理事が出演し、ラオス人民民主共和国での活動を中心に、ノルドミューズの取り組みについてお話しさせて頂きました。こちらからご覧いただけます。



7/1(月)ノルドミューズの新拠点「サッポロあこるーむ」開設

楽器再活用事業「ひびけアコーディオン」の回収楽器数増加に伴い、効率的な取り組みを継続するためのより広いスペースの確保が求められていたところ、この度ご縁あって札幌市立札幌小学校(札幌市東区伏古1条2丁目)に、ノルドミューズの新たな活動拠点「サッポロあこるーむ」の開設が実現いたしました。続きを読む



6/14(金)~21(金)ラオス人民民主共和国を訪問いたしました

昨年に続き2回目となった今回の視察訪問では、日本の文部科学省にあたる「教育スポーツ省」、北海道教育委員会にあたる「ヴィエンチャン教育局」、音楽の先生を養成している国立芸術教員養成学校のほか、公立トンカン小学校、公立ヴィエンチャンプライマリースクール(中・高等学校)を訪問することができました。また今年9月から10月にかけて、アコーディオン演奏の指導をするホアンカオ小学校にて、音楽授業の現状をお伺いし、具体的な実施日程や内容の希望について打ち合わせをしてまいりました。概要はこちら



6/7(金)今年度の新生アコーディオンクラブの活動がスタート

昨年よりスタートした、札幌市東区の新生児童会館を利用している児童が参加する「新生アコーディオンクラブ」の活動が、今年度も始まりました。このクラブでは現在、小学校3~6年生の6名の児童が参加しており、ひびけアコーディオン事業で回収した楽器を用いて練習をスタートさせました。



5/25(土)ラオスフェスティバル 2019

日本とラオスの友好親善を図ろうと2007年から開催されている、ラオス関連イベントとしては日本最大規模のフェスティバルです。ノルドミューズの理事らが昨秋11月にアコーディオン寄贈のためラオスを訪問した際、様々なアドバイスをくださった「さくら国際高等学校」が事務局をしています。昨年来ご縁が深まり、今回このイベントステージで演奏させて頂きました。演奏は理事で構成する「バルミュゼット楽団ラ・ゾーヌ」が行いましたため、レポートについてはこちらをご覧ください。



4/14(日)在日ラオス大使館でのピーマイラオパーティー

在日ラオス大使館で行われたピーマイラオ(ラオスのお正月)のパーティーに、ノルドミューズ理事5名で行ってまいりました。昨年11月にアコーディオン寄贈のため、ラオス人民民主共和国を訪問しました。その最初の訪問に際して色々と情報をご教授下さり、その後もアドバイスを頂いている「さくら国際高等学校東京校」の金澤氏を介して、在日ラオス大使館がノルドミューズをピーマイラオのパーティーに招待して下さると連絡を受けました。「当日は新年の儀式や民族の歌、踊りがあるので是非見てほしい」とおっしゃったラオス大使ご自身も、宴ではキーボードを演奏される方で、ノルドミューズの活動についてもご理解を賜りました。



4/13(土)新生アコーディオンクラブが札幌吹奏楽団と共演

1971年に設立された札幌吹奏楽団は、札幌市内の吹奏楽団の中でも歴史ある楽団で、数々の受賞歴をお持ちです。普段の練習場所として新生児童会館を使用している縁で、毎年4月に同会館体育館にて「スプリングコンサート」を開催されています。新生児童会館を利用している児童6人で結成した「新生アコーディオンクラブ」は、今回のコンサートにて札幌吹奏楽団と「雪」「大きな古時計」の2曲を共演させて頂きました。大人数の吹奏楽団と一緒に演奏する初めての機会に加え、ありがたいことにアンコールも頂戴しました。



2/24(日)新生アコーディオンクラブのステージ発表

昨年6月に、札幌市東区にある新生児童会館を利用している児童6人で結成した「新生アコーディオンクラブ」が、サッポロファクトリー アトリウム(B1F)特設ステージで開催された「げんキッズフェス2019」にて演奏を披露しました。札幌市内の児童会館・ミニ児童会館を利用している子どもたちが、日頃の活動成果等を発表する場として毎年開催されています。本番ではこれまでの練習の成果を発揮し、立派な演奏を聴かせてくれました。



2/2(土)楽器清掃・メンテナンス実施

ノルドミューズの楽器再活用事業で、これまでに提供頂いたアコーディオンを一斉清掃・修理いたしました。その様子を紹介した記事をUPしています。ぜひご覧ください。



1/12(土)道新こども新聞「週刊まなぶん」で紹介されました

1/12の北海道新聞に折込のこども新聞「週刊まなぶん」にて、ノルドミューズの楽器再活用事業「ひびけアコーディオン」について取り上げて頂きました。記事全文はこちら

北海道新聞社許諾 D1901-1907-00020783



12/16(日)「日本音楽芸術マネジメント学会」で発表

神奈川県川崎市の昭和音学大学で開催された「日本音楽芸術マネジメント学会」の第11回冬の研究大会で、長嶺代表理事が「ひびけアコーディオン」の取り組みについて発表しました。



12/5(水)クリスマス ちょこっと市〜知ってる?市民活動

12/5~7(水~金)の3日間、札幌駅前通地下歩行空間(通称:チカホ)にて札幌市内で活動する市民活動団体が、ステージ発表・ワークショップ・体験・販売などを通して、活動内容を広く伝えるPRイベントがありました(主催:札幌市市民活動サポートセンター)初日の16:10~16:30、当法人をPRするステージ発表をさせて頂き、楽器再活用事業で再生したアコーディオンを使用して、理事と会員合わせ総勢11名で3曲生演奏をお届けしました。



12/2(日)ラオス人民民主共和国訪問のご報告

ノルドミューズの調査研究事業として、2018年11月8日(木)~14日(水)の期間「ラオス人民民主共和国」に訪問した際のご報告をアップいたしました。こちらに掲載しております。是非ご覧ください。




お問い合わせ

ノルドミューズのウェブサイトをご覧いただきありがとうございます。

当団体へのご寄付・ご依頼・お問合せはEメールで承っております。