楽器再活用事業

ひびけアコーディオン

プロジェクト

昭和30~50年代に学校の校舎に鳴り響いていたアコーディオンは、当時の子どもたちに大人気の楽器でした。時は流れ学校のアコーディオンは今、経年劣化・故障、音楽文化の変容と少子化の中で、次第にその役目を終えつつあります。

ノルドミューズでは2015年度より、これらのアコーディオンを再活用した演奏体験授業、ワークショップ、慰問演奏会などを道内各地で実施し、地域振興や教育・生涯学習に大きな成果をあげてきました。

そして2017年秋には、「ひびけアコーディオンサポーターズクラブ」がスタート。当事業ご賛同くださるサポート会員の皆様と共に、地域での再活用拡大を目指します。

 


ひびけアコーディオンサポーターズクラブ

ひびけアコーディオンでは、サポート会員(年会費5,000円)を募集しています。本事業の趣旨にご賛同頂ける方のご入会をお待ちしております。

◆ 会員サービス

① ご希望の方は、リサイクルアコーディオン1台を無料で使用することができます。

② アコーディオン演奏初心者のためのアドバイスと交流の会 「ひびけビギナーズサロン」(札幌市内・月一回開催)にご参加いただけます。

③ ノルドミューズが主催する音楽イベントのご案内をいたします。

ご入会はこちらから ⇒ ご入会お申込フォーム

ひびけビギナーズサロン

ひびけアコーディオンサポーターズクラブ会員サービスとして、アコーディオン演奏初心者のためのアドバイスと交流の会「ひびけビギナーズサロン」を月1回札幌市内の会場で開催しております。サポート会員にお申し込み頂いた方で、ご希望の方はリサイクルアコーディオン一台を無料でご使用出来ます。事前に使用希望の旨をお知らせ下さい。また、見学のみの参加は無料・ご予約は不要です。お気軽にご参加下さい。

【日時】2018年11月3日() 13:30~15:00

【会場】札幌市白石区区民センター 料理室

【住所】札幌市白石区南郷通1丁目南8(地下鉄白石駅6番出口すぐ)5階

ご連絡・お問合せはこちらから ⇒ ご連絡・お問合せフォーム

※2018年12月は、12/1(土)に札幌市北区民センター3F 青年の部屋にて開催を予定しております。

 


学校、児童・福祉関連施設および各地域団体・法人の皆様へ

当法人では、ひびけアコーディオン事業で管理するリユースアコーディオンを活用したワークショップ、特別授業、音楽イベント等の出張実施を承っております。参加人数や開催目的に応じ、柔軟なプログラムづくりにも対応いたします。詳細につきましてはノルドミューズ事務局までお問い合わせください。


導入事例①

小学校の土曜学習

前半にミニコンサートを鑑賞し、後半ではアコーディオンでの合奏に挑戦。身体中を駆使して音を奏でる楽しさに、歓喜の声が上がりました。最後には全員が弾けるようになりました。

導入事例②

学童保育施設でのワークショップ

「どうやったら音が出るの?」生まれて初めて触れるアコーディオンに、興味津々。でもあっという間にコツをつかんで演奏してしまうから、子どもって、スゴイ!演奏もダンスも、仲間と一緒に思いきり楽しみました。


導入事例③

演奏グループ育成

再生アコーディオンを用いた演奏グループの指導と育成を行っています。これまでに大学生3名による演奏グループ「スフレ」と小学生6名による「新生アコーディオンクラブ」が誕生しており、定期的にレッスンを行い、発表の機会を設けています。

導入事例④

ひびけビギナーズサロン

ひびけアコーディオン事業をご支援くださるサポート会員の方が、再利用アコーディオンで演奏にチャレンジしています。写真は月に一度開催する「ひびけビギナーズサロン」の様子。初心者の方がマイペースでお楽しみいただけるプログラムをご用意しています。